ランニングダイエットに効果的な頻度は?週何回走る?

休日の夜ランニングを継続して7か月になりました。週休2日なので週2回走ってます。タケヤンはサービス業をやってるサラリーマンなので、休みは土日じゃなくて平日が多く、週休2日の不定休。

連休は少ないのでイイ感じで休日の間隔が空いてます。2日出勤して休み、3日出勤して休み、4日出勤して休みとか、そんな休日パターン。

週何回走ればダイエットに効果的なのか、ランニング初心者のあなたにお伝えしていきます。

ランニングダイエットは週3~4回が効果的

ダイエットには週3~4回が一番効果的です

ランニングダイエットは週3~4回走るのが一番効果的だといいます。ランニング指南本を読むと、ほぼほぼ「一日おきに走りましょう!」と書いてあります。

何故だと思いますか?そう、「休むこともトレーニングだよ」と皆が解説しています。疲れているのに、毎日走ってケガをしたら元も子もありません。ランニングしたら次の日は休足日を設けましょう!と言ってます。

一日おきに、週3~4回ランニングするのがダイエットに最適で、効果的です。

週3~4回走るのはムリ!!というあなたへ

「仕事が忙しくて週3~4回はムリ!!」という方もいるでしょう。週2回でも充分に効果があるので大丈夫ですよ!週2回の場合は週末の土・日と連日走るのではなく、水・土とか間隔を空けた方がいいみたい。疲労回復の為に休足日を設けなさいってことです。

「平日は朝から晩まで仕事だから」「連日残業があるので時間を作れない」というあなたは、週1回でもOKということにしましょう。ただし、運動を習慣化するための「ランニングダイエット」がこのブログの趣旨なので、運動することを意識してください。

筋トレの指南本を読むと「鍛えたい筋肉を意識することで意識した筋肉が育つ」といってます。この意識が大切です。一駅分歩いてみるとか、階段を使って駆け上がるとか、電車に乗ったら座らないでつま先立ちして足を鍛えるとか、とにかく「脚の筋肉を鍛える」といつなんどきも常に意識してください。筋肉が育ちます。

時間があったらトレーニングをしよう!スクワットをしたり、ランジをしたり、空気イス、つま先立ち、何でもできます。タケヤンが尊敬する武井壮さんのトレーニングまとめのリンクを貼っておきます。参考にしてみてください。

サービス終了のお知らせ - NAVER まとめ
NAVERまとめ サービス終了のお知らせ

毎日走っても大丈夫ですか?

とはいえ、毎日走りたいという意識高い系の方もいると思われます。もちろん、身体的に精神的に大丈夫なら毎日走ってもOKですよ。くれぐれもケガをしないように気を付けてランニングを楽しんでください。

アメリカの研究結果によると、全てのスポーツの中でランニングは一番ケガをしやすいといわれています。あの巨漢同士が激しくぶつかるアメフトや、サッカー、バスケットボールなんかより、ランニングはケガをしやすいスポーツです。

なぜなら、手軽に始められるスポーツなので皆が取り組みやすいこと。基本的な練習やトレーニング、専門的な知識が必要ないこと。その辺が理由でしょうか。

歩くことでも億劫になっている中年男性が「ダイエットのために頑張ろう」といきなりランニングを始めたら、膝を痛めて終了!はっきりいって自殺行為ですよね。ケガだけですめばいいですが、以前マラソン大会で、太ったタレントさんが心臓まひで病院に搬送されえたなんてこともありました。

簡単に始められそうなランニングですが、結構激しいスポーツです。運動習慣がない人がいきなりランニングを始めると絶対ケガをします。運動を始められる体づくりから始めましょう。

ランニングダイエットは、週3~4回一日おきに走るのが一番効果的です。休足日を設けながら、無理なくランニングを楽しんでください。

週3~4回ランニングをしているけど痩せないのはなぜ?

「ダイエット目的で週3~4回、30分ランニングを始めたけどちっとも痩せません。毎日走った方がいいですか?どうしたら痩せられますか」ダイエットの悩み相談でありがちです。

痩せないのは人間の本能によるもの

ダイエット指南本を読むと必ずといって書いてありますが「人間は本能的に現状維持を好む」そうです。運動でのダイエットでいえば、急激に運動をして脂肪が燃焼されると、現状維持の本能が働いて、脂肪を蓄えようとします。

食事制限でダイエットでも、余分な栄養摂取が減ると、摂取した食品からより多くの栄養を吸収しようとしたり、運動しないように脳に命令をしたりするそうです。生命を守るための本能です。

人間の脳は急激な変化を好まないため、一朝一夕で短期間でダイエットはできないということです。たとえ、体重が減少したとしても身体の水分が減って痩せたと考えられます。人間の身体の60~65%は水分ですから。

体重減少=痩せたの認識は正しくない

あと「体重減少=痩せた」の認識はやめましょう。先にもいいましたが、人間の身体の60~65%は水分です。「水を飲むと太る」当たり前ですよね。それと、、「塩分を摂りすぎると太る」水を飲みたくなるので太りますよね。体重の増減は体内の水分量の変化が大きいといいます。

「運動して見た目もスッキリしてきた気がするのに体重が減らない」という人もいます。運動を習慣化して筋肉量は増えて脂肪は減少したのになぜ・・・?

これもダイエット指南本に書いてあります。同じ体積の筋肉と脂肪を比較すると、筋肉の方が脂肪よりも約1.25倍重いというもの。運動して見た目スッキリしたのに、体重が減らないのは、運動して脂肪は減ったが筋肉が増えたってことです。

「運動したのに体重が減らない」と悲観するのではなく、見た目や、体脂肪率を基準にしてみるといいかもです。体脂肪率もなかなか減らないですけど・・・

ランニングダイエットの効果的な頻度は週何回走る?【まとめ】

「運動を習慣化して筋肉がつくと、日常生活での代謝が上がり、痩せやすい体質になる」とダイエット指南本には書いてあります。筋肉がつくと筋肉が働いてくれる、筋肉が働けばよりエネルギーを消費しまっくてくれる。より筋肉がつくと生きているだけでエネルギー消費が進む。

すなわち「生きてるだけで丸もうけ」状態になるということです。

ランニングを週3~4回取り組んで、運動を習慣化して痩せやすい、エネルギー消費が多い、燃費の悪い体を手に入れましょう。